So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『RAILWAYS 49歳で』 中井貴一 本仮屋ユイカ NHK

先日『RAILWAYS 49歳で』がNHK BSで放送していましたね。

長いタイトルは正式には『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』

内容はタイトルどうり49歳のエリートサラリーマンがあるきっかけから

子供の頃の夢だった出身地の電車の運転士になった男の物語。

中井貴一さん主演、娘役で本仮屋ユイカさんが出演していましたが、

ホント面白かったですね、心がほっとする映画でした。

このレベルの映画なら映画館で観ておけば良かったなと思ってしまいました。

この『RAILWAYS 49歳で』という映画、実話では?と思わせるような出来栄えです。

中井貴一さんの奥様役には高島礼子、運転士とし入社した一畑電車の同期には

三浦貴大さん(三浦友和さんと山口百恵さんの次男)もいい雰囲気でしたね。

鉄道映画としても秀逸ということらしく、

確かに映画の中でもかなり重要な位置を占めている感じはしました。

特に、「デハニ52・53」車両はかなり印象的な電車。

残念ながら今はもう運行されていないようですが、鉄道マニアでなくとも乗ってみたい感じです。

特別に大きな盛り上がりなどはなく、淡々とした映画ですが、

内容的には濃く、印象深く、同年齢で同感する方は多いと思います。

たぶん、勇気と元気をもらえる映画、という感じでしょうね!

もう一度、RAILWAYSのDVDを借りてゆっくり観ようかな。。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました